ビッグバナー広告

台風委員会の加盟国はどこ?14カ国全て紹介します!

今年は、台風多いですよね。

台風の名前が毎回話題になりますが、台風の名前は《台風委員会》がつけてるってご存知でしたか?

今日は、《台風委員会》の加盟国について紹介していきますね。

そもそも《台風委員会》ってなんだ?

台風委員会は、北西太平洋または南シナ海で発生する、台風防災に関する国際機関です。

アジアと極東における台風被害への対策策定と実施を目的に、1968年にアジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)及び世界気象機関(WMO)が共同で設立しました。

けっこう古いんですね。

本部はフィリピンのマニラにある。

マニラ…

グーグルさん、どこでしたっけ?

あぁ!ここね!

ここに台風委員会の本部があります。

《台風委員会》の加盟国はどこ?

台風委員会の加盟国は、最初から加盟していた国と途中から加盟した国があります。

最初から加盟していた国、いわばオリジナルメンバーは7カ国です。

・中国
・香港
・日本
・ラオス
・フィリピン
・韓国
・タイ

後から加盟した国は7カ国です。

・カンボジア (1972年)
・マレーシア (1976年)
・ベトナム (1979年)
・マカオ (1993年)
・北朝鮮(1993年)
・シンガポール (1997年)
・アメリカ合衆国 (1998年)

()の中の年は、加盟した年です。

台風委員会の公式サイトは?

台風委員会の公式サイトはこちらです。

 ⇒ http://www.typhooncommittee.org/ssop-i/

残念ながら英語のサイトでした。

まとめ

・台風委員会は、台風防災に関する国際機関
・加盟国は、最初に入った7カ国と後から入った7カ国

以上、『台風委員会の加盟国はどこ?14カ国全て紹介します!』でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする