ビッグバナー広告

2018年台風22号の名前は『マンクット』名前の由来は?

2018年 台風22号の名前は?

今年は台風が多いですね。

台風22号が発生しましたが、日本には影響なさそうです。

台風が発生すると気になるのが台風の名前です。

台風22号の名前は『マンクット』

名前の由来がなんなのか想像もつきませんね。

今日は、『マンクット』の名前の由来について紹介していきますね。

そもそも台風の名前ってなに?

台風の名前は、日本も加盟している【台風委員会】が、つけています。

今年は、台風多いですよね。 台風の名前が毎回話題になりますが、台風の名前は《台風委員会》がつけてるってご存知でしたか? 今日は、...

【台風委員会】に加盟する国が考えた140個の名前を発生順に用いています。

140個台風が来て、141個目の台風がきたときは、最初の名前に戻ります。

たまに例外があります。

最近の例外は、台風17号です。

ハリケーンの名前をそのまま名付けられた珍しいパターンでした。

2018年 台風17号の名前は? 台風17号が発生しました。 どんどん発生しますね。 台風が発生すると気になるのが台風の名前で...

今回の名前は、140個の名前からつけられています。





台風22号『マンクット』の名前の由来は?

『マンクット』の名前を考えた国は、タイです。

タイは一度行ったことがあります。

ワット・ポーで寝ている金ぴかの仏像を見ました。

こんな感じの ↓

タイと言えばトムヤンクンとグリーンカレーですね。

ちょっと話がそれましたが、台風22号の『マンクット(Mangkhut)』の意味は、「マンゴスチン」だそうです。

え。

”マンゴスチン” が何かわからない。

なんだそれ。

“マンゴスチン” で検索してみたら、果物が出てきました ↓

画像見てもわからない。

なんだ、これ!

調べたところ、”マンゴスチン” は果物で、白いところを食べるそうです。

Wikipediaさんにはこんな説明がありました。

ドリアンを「果物の王様」と呼ぶのに対し、マンゴスチンは柔らかい果肉、強い甘みとさわやかな酸味で上品な味わいのため「果物の女王」と呼ばれる。

ちょっと食べてみたくなりましたが、劣化するのが早いので、日本で生で食べるのは難しそうです。

残念。

かわりにマンゴスチンの石鹸でも使って、マンゴスチンを感じましょっと。

なにはともあれ、台風のときは、家でごろごろ過ごすのがいいですね。

私はよく【U-NEXT】を見ています。

映画やドラマが見放題なだけじゃなくて、雑誌も読み放題なのが嬉しいポイント。

おかげで最近雑誌を買わずに済んでます。



まとめ

・台風22号の名前は、『マンクット(Mangkhut)』
・命名した国は、タイ
・名前の由来は、マンゴスチン(果物)

以上、『2018年台風22号の名前は『マンクット』名前の由来は?』でした!

被害が出ないことを祈ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする