ビッグバナー広告

伊勢湾台風の進路と被害とは?2020年台風10号も同じルートをたどる?

台風10号(チェービー)が日本に近づいています。

この台風が1959年(昭和34年)に大きな被害をもたらした『伊勢湾台風』に似ていると言われています。

今日は、『伊勢湾台風』についてご紹介します。





『伊勢湾台風』とは?被害の大きさは?

「伊勢湾台風」とは、 1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を中心とし、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした台風です。

特に、伊勢湾沿岸の愛知県・三重県の被害が甚大であり、「伊勢湾台風」と呼ばれることになりました。

この台風による死者・行方不明は5,098人、住家の流失・全壊は40,862戸、半壊は113,068戸、浸水は363,611戸です。

このような大災害を引き起こした主因は、伊勢湾に発生した観測史上最大の規模の高潮です。

名古屋市臨港部や濃尾デルタ干拓地を中心に300km2が長期間水没しました。

名古屋市が記録映像をまとめたものをYouTubeにあげています↓

伊勢湾台風から2年後には国や地方自治体の防災体制の基本を定める「災害対策基本法」が制定されました。

全国の多くの海岸では、「伊勢湾台風クラスの台風が来襲した場合」というのが高潮防災計画の設定になっています。

今度の台風10号は「伊勢湾台風クラス」と言われています。

高潮の災害危険区域になっていなくても、少しでも危険だと思ったら避難しましょう。

『伊勢湾台風』と台風10号の進路は?

「伊勢湾台風」の進路はこちらです。

2020年の台風10号の予想進路はこちらです。

2つの台風を横に並べるとそっくりなのがよくわかります。





台風10号に備えて

台風10号がくるのは確実だと思われますので、家にいるのが一番です。

家が危険な場合は、安全な場所に避難しましょう。

地震は前触れもなく突然やってきますが、台風のいいところは何日も前から来ることを教えてくれることです。

私は雨戸を閉めて、動画を見て台風をやり過ごそうと思います。

U-NEXT】は、いろんな映画や動画を見られるのでおすすめです。

動画なのでDVDを返却する必要がありませんので、家にいながらどんどん新しい映画を見れます。





以上、『伊勢湾台風の進路と被害とは?2020年台風10号も同じルートをたどる?』でした。

被害が小さいことを祈ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする