ビッグバナー広告

2018年台風23号の名前は『バリジャット』名前の由来は?

2018年 台風23号の名前は?

台風23号が発生しました。

台風が発生すると経路も気になりますが、台風の名前も気になります。

台風23号の名前は『バリジャット』

名前の由来がなんなのか想像もつきませんね。

今日は、『バリジャット』の名前の由来について紹介していきますね。

そもそも台風の名前ってなに?

台風の名前は、日本も加盟している【台風委員会】が、つけています。

今年は、台風多いですよね。 台風の名前が毎回話題になりますが、台風の名前は《台風委員会》がつけてるってご存知でしたか? 今日は、...

【台風委員会】に加盟する国が考えた140個の名前を発生順に用いています。

140個台風が来て、141個目の台風がきたときは、最初の名前に戻ります。

たまに例外があります。

最近の例外は、台風17号です。

ハリケーンの名前をそのまま名付けられた珍しいパターンでした。

2018年 台風17号の名前は? 台風17号が発生しました。 どんどん発生しますね。 台風が発生すると気になるのが台風の名前で...

今回の名前は、140個の名前からつけられています。





台風23号『バリジャット』の名前の由来は?

『バリジャット』の名前を考えた国は、アメリカです。

英語っぽくないなと思ったら、やっぱり英語ではありませんでした。

なんと!

マーシャル語だそうです。

マーシャル語は、マーシャル諸島の人々が話す言語です。

マーシャル語で「郵便局はどこですか?」と言いたいときは、「エウイ ポストオビジ エオ」と言ってください。

これだけ話せたら困りませんね。

マーシャル、マーシャルといいながらマーシャル諸島の場所がわからなかったのでグーグルさんに教えてもらいました。

マーシャル諸島はこちら↓

台風23号の『バリジャット(Barijat)』は、マーシャル語で「風や波の影響を受けた沿岸地域」という意味だそうです。

そうなんだ…って感じですね。

なにはともあれ、台風のときは、家でごろごろ過ごすのがいいですね。

私はよく【U-NEXT】を見ています。

映画やドラマが見放題なだけじゃなくて、雑誌も読み放題なのが嬉しいポイント。

おかげで最近雑誌を買わずに済んでます。

>>今なら無料トライアル実施中!<U-NEXT>

まとめ

・台風23号の名前は、『バリジャット(Barijat)』
・命名した国は、アメリカ
・名前の由来は、マーシャル語で「風や波の影響を受けた沿岸地域」

以上、『2018年台風23号の名前は『バリジャット』名前の由来は?』でした!

被害が出ないことを祈ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする