ビッグバナー広告

夢洲の読み方は「ゆめす」じゃなくて「ゆめしま」!「夢州」でもない!

2025年の万博は大阪に決定!

2025年開催の万国博覧会が大阪府で行われることが決定しました。

おめでとうございます!

大阪万博は、「夢洲(ゆめしま)」で行われますが、読み方も漢字も間違いやすい!

ということで、今日は「夢洲(ゆめしま)」について解説していきますね!





まずは、「夢洲」の読み方から!

「夢洲」の読み方は、「ゆめしま」です。

「洲」は、「しま」と読みます。

『読めないよ』ってツッコミがありそうですが、読むんです!

大阪府が作った適当な当て字かと思いましたが、漢字字典にしっかりと載っていました。

「洲」の訓読みは、「シマ」でした。

30年近く生きていますが、知りませんでした。

このサイトにも、
https://kanjitisiki.com/zinmei/290.html

このサイトにも
https://kanji.jitenon.jp/kanjif/2512.html

載っています。

昔からある読み方みたいですね。

「洲(す)」という字の意味は、「潮の流れや河川の運んだ土砂がたまってできる地形」です。

「夢洲(ゆめしま)」は埋め立て地ですので、この漢字の本来の意味とは違いますが、まぁいいですよね。

ちなみに、「夢洲(ゆめしま)」の近くに同じく人工島の「舞洲(まいしま)」「咲洲(さきしま)」があります。

「夢州」じゃなくて、「夢洲」です!

続いて、ユメシマの漢字について!

ぱっと見たところ、よく見る漢字である「州」ね! と思ってしまいがちですが、正しくは、「洲」です。

”さんずい” がついています。

”さんずい” の有るのと無いのと似たような漢字がある理由についてですが、もともとは、”さんずい” が付いている「洲」が使われていましたが、”さんずい” の付く「洲」の字は当用漢字に入れられなかったため、「州」の字で代用されたという説明が一般的なようです。

だから”さんずい” がない「州」の字を見る機会が多いのですね。

満州(マンシュウ)についても、現在の日本語では「満州」と書かれますが、この国家が存在した当時は「満洲」と書かれていたそうです。



まとめ

・2025年の大阪万博は、「夢洲(ゆめしま)」で行われる
・「洲」は訓読みで「しま」である

以上、『「夢洲」の読み方は「ゆめす」じゃなくて「ゆめしま」!「夢州」でもない!』でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする