ビッグバナー広告

2019年台風11号の名前は『バイルー』名前の由来は?

2019年 台風11号の名前は?

台風11号がマリアナ諸島で発生しました!

台風が発生すると経路も気になりますが、台風の名前も気になります。

台風11号の名前は『バイルー(Bailu)』

何語?

今日は、台風11号の名前『バイルー』について解説していきますね。





そもそも台風の名前ってなに?

台風の名前は、日本も加盟している【台風委員会】が、つけています。

今年は、台風多いですよね。 台風の名前が毎回話題になりますが、台風の名前は《台風委員会》がつけてるってご存知でしたか? 今日は、...

【台風委員会】に加盟する国が考えた140個の名前を発生順に用いています。

140個台風が来て、141個目の台風がきたときは、最初の名前に戻ります。

たまに例外があります。

最近の例外は、昨年の台風17号です。

ハリケーンの名前をそのまま名付けられた珍しいパターンでした。

2018年 台風17号の名前は? 台風17号が発生しました。 どんどん発生しますね。 台風が発生すると気になるのが台風の名前で...

今回の名前は、140個の名前からつけられています。

台風11号『バイルー』の名前の由来は?

『バイルー』の名前を考えた国は中国です。

台風11号の『バイルー(Bailu)』は、中国語で『白鹿』という意味だそうです。

白い鹿?

鹿と言えば、茶色と思っていましたが、白鹿とは何なんでしょうか?

気になったので調べたところ、命名した中国の【神仙思想】に由来することがわかりました。

今度は、神仙思想がわからない…

神仙思想(しんせんしそう)とは、『紀元前3世紀ごろから中国ではじまった不老不死の神仙(仙人)が実在するとし、人間が神仙になることを信じている宗教のようなもの』だそうです。

そんな神仙思想には以下の話があるようです。

唐の時代、玄宗皇帝の宮中に一頭の鹿が迷いこみ、仙人の王旻(おうびん)がこれを千年生きた白鹿と看破しました。調べると、角の生え際には「宜春苑中之白鹿」と刻んだ銅牌が…。“宜春苑(ぎしゅんえん)”とは、唐の時代を千年もさかのぼる漢の武帝の時代のもの。皇帝はこれを瑞祥と歓んで慶宴を開き、白鹿を愛養したと伝えられています。その後にこの話を詠った瞿存斎(くぞんさい)の詩には「長生自得千年寿」の一節があります。「白鹿」の名は、縁起のよいこの故事にならい名付けられました。

こちらのサイトから引用しました

この白鹿が今回の台風の名前の由来なようですね。

なにはともあれ、台風の発生です。

台風のときは、家でごろごろ過ごすのがいいですね。

私はよく【U-NEXT】を見ています。

映画やドラマが見放題なだけじゃなくて、雑誌も読み放題なのが嬉しいポイント。

おかげで最近雑誌を買わずに済んでます。

>> 今なら無料トライアル実施中!<U-NEXT>



男性はこちらのほうがいい?笑

>> 【見放題chライト】2週間無料でDMMの動画が見放題!



まとめ

・台風11号の名前は、『バイルー(Bailu)』
・命名した国は、中国
・「白鹿」が由来となっている

以上、『2019年台風11号の名前は『バイルー』名前の由来は?』でした!

被害が出ないことを祈ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする